てんかん治療薬「カルバトール」のすすめ

カルバトールは抗てんかん・抗躁鬱病の治療薬であるテグレトールと全く同じ有効成分を配合しているジェネリック医薬品です。脳神経の興奮を鎮める作用から躁病・躁鬱病の他、不安や緊張など精神疾患にも効果があるとされています。

てんかん治療薬「カルバトール」のすすめの2015年10月記事一覧

  • カルバトールの副作用に注意が必要

    カルバトールはてんかん発作を抑えるための薬として使用される薬になっており、かつて主流となっていたテグレトールの後発医薬品でもあります。 後発医薬品であるということから比較的安価に用いることができるというメリットはあります…続きを読む

  • カルバトールのてんかん治療効果

    私たちの細胞は通常はマイナスの電荷を帯びています。この時、刺激を与えると細胞内がプラスの電荷を帯びます。これは刺激伝達物質のNa+やCa+の働きによるものです。Na+が細胞内へ流入すると細胞内は徐々にプラスへと近づき、あ…続きを読む