てんかん治療薬「カルバトール」のすすめ

カルバトールは抗てんかん・抗躁鬱病の治療薬であるテグレトールと全く同じ有効成分を配合しているジェネリック医薬品です。脳神経の興奮を鎮める作用から躁病・躁鬱病の他、不安や緊張など精神疾患にも効果があるとされています。

日本の病院では処方されないカルバトールの入手方法

カルバトールは有効成分としてカルバマゼピンと呼ばれる物質が含まれている抗てんかん薬で、カルバマゼピン含有薬の中では後発医薬品に分類されています。このカルバトールはインドの製薬会社が発売しているもので、様々な国で製造販売承認を取得の上で販売されています。しかし、日本の厚生労働省は、カルバトールの製造販売はいまだに承認していません。そのため、病院で処方されることもなく、薬局やドラッグストアにも陳列されていません。
てんかんの病気を持っている人の中には、自宅にカルバトールを置いておいたり、外出時にも常備しておきたいと考える人は数多くいます。薬を置いておくことで、てんかんの症状が起きた時にすぐに対応することができるからです。では、日本の病院で処方されないカルバトールは、どのようにすれば手に入れることができるのでしょうか。
日本の病院で処方されないカルバトールを手に入れるのであれば、外国製医薬品の通販サイトを利用するのが最良です。日本ではカルバマゼピン含有薬は100mg錠と200mg錠の2種類が認可されていますが、通販サイトでは日本では認可されていない300mg錠と400mg錠も販売されています。値段の相場は100錠1箱タイプで3,500~6,500円程度となっており、1錠あたりの価格は35~65円と、国内で販売されているカルバマゼピン含有薬よりは高いです。しかし、病院でカルバマゼピン含有薬を処方される時よりたくさん手元に置いておくことができるため、てんかんの患者は安心して治療を続けることができます。
なお、通販サイトからのカルバトールの購入は個人輸入の形になるため、服用によって身体に異変が生じた場合は自己責任で対処しなければなりません。もし、自分で責任を取るのが不安なのであれば、病院に行って処方してもらった方が良いでしょう。