てんかん治療薬「カルバトール」のすすめ

カルバトールは抗てんかん・抗躁鬱病の治療薬であるテグレトールと全く同じ有効成分を配合しているジェネリック医薬品です。脳神経の興奮を鎮める作用から躁病・躁鬱病の他、不安や緊張など精神疾患にも効果があるとされています。

カルバトールでの意識障害病気について

意識障害病気は、周囲の刺激に対して適切に反応出来なくなっている状態のことを言います。また。物事を正しく理解することができなかったりすることもあります。一般的な意識障害は催眠、昏睡、失神、てんかん等です。日本学会でも、てんかん患者は比較的多い症状だと言われています。カルバトールという薬があります。これはてんかんの発作や向精神薬への効能を持った、カルバマゼピンというものを主成分としたものです。末梢神経細胞や脳神経の「ナトリウムチャネル」を遮断します。これはナトリウムイオンを透過させる部位です。これが遮断されると、脳内の電位の立ち上がりを抑制し、発作を抑えるのです。精神運動発作とも呼ばれる、てんかんに伴った精神症状や、てんかんによる発作の治療薬として使われている薬です。この薬の効果としては、てんかんの他に、三叉神経痛などの治療に古くから使われてきました。近年は躁うつ病にも使用されています。アルツハイマー病などといった認知症の中でも、他の抗精神病薬で効果が無い症状にも有効というものです。ただ、即効性はありません。効果が出るまで数週間は掛かると言われていますので、根気良く続けることが重要です。意識障害病気は日本学会でも言われるとおり、長期に根気よく治療を続けて行くのが大切です。カルバトールには意識障害病気の患者の他、統合失調症患者にも使われることがあります。副作用としては、めまいや脱力感などといった軽い副作用などもあります。日本学会でも言われているとおりです。そのため、カルバトールは医師の診断や指示どおりにしっかりとよく従って服用し、患者の独断でやめることのないよう気をつけましょう。発作が引き起こされるなど、危険な状態に陥る恐れもあるからです。