てんかん治療薬「カルバトール」のすすめ

カルバトールは抗てんかん・抗躁鬱病の治療薬であるテグレトールと全く同じ有効成分を配合しているジェネリック医薬品です。脳神経の興奮を鎮める作用から躁病・躁鬱病の他、不安や緊張など精神疾患にも効果があるとされています。

インドの大手製薬会社のてんかん薬カルバトール

てんかん発作というものは脳の神経活動が原因で筋肉が痙攣をおこす症状であるために、脳の働きを調整する事によって症状を改善する事が出来ます。
脳の働きを調整を調整する事によって、てんかんの症状を改善する成分としてカルバマゼピンという成分があります。
この成分を含んだ薬は世界的な大手製薬会社が特許を持っていましたが、現在ではもっと安価なジェネリック医薬品としてカルバトールという薬をインドの大手製薬会社が製造しています。
ただ、このインドの製薬会社が製造しているカルバトールは日本では処方してもらう事が出来ないです。
そのために病院で処方してもらえるのはジェネリックでは無い薬のみなのですが、日本でも入手する方法はあります。
日本で手に入れる場合は海外からの個人輸入をする必要がありますが、通販サイトを介して簡単にカルバトールは購入する事が可能です。
ジェネリック医薬品は日本では価格が安いせいか、従来の薬と比べて性能が劣るのではないかと心配する人もいますが、そんな事は無いです。
インドの製薬会社が製造しているカルバトールも主成分は同じであり、副作用についてもジェネリックだからといって特別増えたりする事もないです。
てんかんの症状に悩まされていて、治療薬を少しでも安く手に入れたいのであれば、個人輸入をしてでも購入する価値は十分にあります。
ただ、個人輸入となると通販サイトによっては偽物などを販売しているケースもありますので、ジェネリックであるかどうかは関係なく、きちんと正規品を取り扱っているかどうかにだけは注意をする必要はあります。
偽物を掴まされると症状が改善されないどころか有害な成分が含まれているケースもあるので、その点にだけは気をつけるようにした方が良いです。